火災保険申請サポートランキング

無料相談はこちら

火災保険代行の手数料は?相場料金と安く抑える方法

火災保険代行の手数料は?相場料金と安く抑える方法

「火災保険申請代行の手数料が下りた保険金の40%!これって高いんじゃ?」
「火災保険代行の手数料ってそもそもどの位が相場なの?」
そんな疑問にお応えして、今回は火災保険代行の手数料の相場と安全に少しでも安く抑える方法をご紹介していきます。

火災保険の申請代行の手数料について

火災保険の申請代行の手数料には、次のパターンがあります。
1:0円の場合
リフォームと抱き合わせでリフォームを行う契約を前提に、無料で火災保険申請サポートを行うケースが多いです。

2:有料の場合
成果報酬型で、火災保険申請サポートを行い、下りた保険金の20~40%が手数料として発生します。

1のリフォームを前提とした無料の火災保険申請サポートの場合、独占禁止法に抵触するため、違法行為です。
利用者は罰せられませんが、後にトラブルが多いのも実はこのタイプになります。
「申請代行」と記載していますが、申請そのものはご本人かご家族、保険代理店の担当者しかできず、他の第三者が申請すれば保険法に抵触します。
そのため、業者が「手間を一切かけませんので」といった内容で契約を迫る場合、ほとんどのケースで悪徳業者なので、ご注意ください。
申請は本人が行うことを前提に、火災保険申請サポートをする業者であることを確かめることをおすすめします。

火災保険の申請代行の手数料は30~40%が相場

火災保険の申請代行の手数料は30~40%が相場

火災保険申請代行(サポート)のみを行っている業者の場合、下りた保険金の30~40%が相場です。
100万円の保険金が下りた際に、30~40万円が手数料として発生するので、自由に使えるお金は60~70万円になります。
キャンペーン中につき、22%という業界最安値の手数料で火災保険申請サポートを行う業者もありますよ。

あらゆる住まいのリフォームや店舗改修のご相談、リフォームのことならコ・コーデにおまかせください。


リフォーム工事とセットの火災保険申請代行(サポート)の手数料は、ほとんどのケースで無料ですが、手数料がある場合には10〜15%が相場です。

火災保険申請代行の手数料を抑える方法

火災保険申請代行(サポート)の手数料を抑えるために、抑えておきたいポイントをまとめました。

複数の見積もりを取り見比べる

各社の見積もり料金・手数料を見比べて、手数料の安い業者を選ぶことで価格を抑えられる可能性があります。
ですが、手数料だけで見極めるのは難しい部分も…。
というのも、優良な業者は被害箇所を徹底的に調べ、抜け漏れなく調査します。
そのため、平均以上の保険料を引き出せるのですが、技術や手間をかける分、安売りをしない傾向があるのです。
手数料が安すぎると、下りる保険金の額が少なくなることも。
ホームページ内や口コミで給付実績を多数確認できる業者であれば、給付金対象箇所を見逃すことなく申請できる知識に期待でき、手数料を差し引いてもお得になる可能性が高いです。

交渉をする

・この個所のリフォームを追加するので手数料を下げてください。
・リフォームを検討中の方・火災保険申請を検討中の方を紹介するので、手数料を下げてください。
・手数料を〇%にまで下げていただければ、この場で契約します。

といったように、交渉をします。

自分で申請をする

修理見積もりなどプロでないと出来ない部分は工務店などにお願いし、写真・損害明細書・事故内容報告書などは自身で用意をすることになります。
自分で申請をした場合、本来であれば、請求出来たはずの損害ヵ所を見逃していたり、写真や説明の不十分から減額されたりする可能性も。
建物や自然災害に知識のある方でないと、専門のサポートを得ずに行う申請はおすすめできません。

火災保険申請代行のトラブルに巻き込まれない為には?

まず「申請を代行する」と約束する業者はそもそも違法ですので、信じてはいけません。
申請と火災保険金額決定までのサポートしてくれるものの、申請自体は本人が行うことを前提とした火災保険申請サポート業者を活用しましょう。
また、手数料が0円など安すぎる場合も要注意です。

・本来なら申請できるヵ所を見過ごしたことで、保険金の額が少なくなる
・見積もりよりもはるかに少ない保険金だったため、工事を解約しようとしても、解約ができない
・解約を申し出たら、違約金として工事代金の50%を請求される
・高額な追加の工事料金を請求される
・実は違法業者で、損害の虚偽申告など、自分も詐欺罪に問われる可能性がある

などのトラブルに巻き込まれるリスクが高くなります。

火災保険代行の手数料のまとめ

火災保険申請代行(サポート)の手数料は安ければ良いという訳でもありません。
料金が相場の範囲内で、経験豊富で信頼できる業者に依頼するのがおすすめです。
当サイトでは、手数料30%〜で、「信頼できる経験豊富なサポート業者」を比較してご紹介しています。
火災保険申請サポート業者をお探しの際には、ぜひお役立てくださいませ。