火災保険申請サポートランキング

無料相談はこちら

経年劣化で外壁塗装が必要に!火災保険は申請可能?火災保険適応の例と注意点

経年劣化で外壁塗装が必要に!火災保険は申請可能?火災保険適応の例と注意点

火災保険の補償範囲は広く、火災による家の損害だけでなく、台風・落雷・土砂崩れなどの自然災害で生じた損害にも対応しています。
見逃されがちなのですが、外壁などもその一部に含まれるのです。
では、自然災害ではなく経年劣化で外壁塗装が必要になった場合は、火災保険申請の対象になるのでしょうか?
詳しくご紹介していきます。

外壁塗装に火災保険が使える条件とは?

外壁塗装に火災保険が使える条件とは?

結論から言いますと、自然災害が原因となる外壁補修工事に対してのみ火災保険が下ります。 

【自然災害の一例】

・雨・洪水・土砂くずれ
建物が浸水して外壁が腐食

・台風や竜巻
風に飛ばされたものが外壁にダメージを与えた

・落雷
落雷によって外壁に損壊ヵ所が生じた

・雪災・ひょう
落下した雪が外壁に直撃し破損

ここで注意したいのは地震による被害は火災保険の範囲に入らないということです。
地震被害への備えは別途【地震保険】に加入する必要があるので、ご注意くださいませ。
また、ご加入中の火災保険のタイプによっては、一部の自然災害を含まないケースもございます。

火災保険が適用されない例

火災保険が適用されない例

外壁塗装に火災保険が下りないケースについて、まとめました。

経年劣化による色あせ

火災保険は自然災害による損害に対する保険金です。
経年劣化による色褪せや消耗、外壁に発生したコケ・カビ、各種サビについては適応の対象外になります。

免責金額を越えない場合

火災保険には免責金額があります。
これは、火災保険金の対象になる事故が起きたときでも、契約者が自己負担しなければいけない金額です。

「一定の免責金額を選び、被害額からその免責金額を引いて支払われる」免責方式(エクセス方式)と、「一定の免責を超えたら全額が支払われる」フランチャイズ方式の2種類がありますので、ご加入中の火災保険の免責事項について確認してみましょう。

【免責方式で免責金額を10万円にしていた場合】
25万円の被害-10万円=15万円が保険金として受け取れます。

【フランチャイズ方式で免責金額20万円の場合】
10万円の被害があった場合、免責金額の20万円以下なので、1円も保険金が下りないことになります。

免責金額が選べる保険会社もあり、免責金額は保険会社によってことなります。
いざという時に損をしないためにも、また無駄な保険料の支払いを防ぐためにも、1度確認されることをおすすめします。

最大瞬間風速20メートル/秒以下の風邪による被害

風災補償と認定を受けるには、『最大瞬間風速20メートル/秒』の強風が基準です。
上記の基準以下ですと、いくら強風で外壁がダメージを負ったとしても火災保険の認定を受けられません。

ご紹介したように自然災害が原因であっても、条件によっては、適応外になることも少なくありません。
わからない場合は、火災保険申請のプロにおまかせして頂くと安心ですよ。

火災保険を使って経年劣化した外壁塗装を安く抑える裏技

火災保険を上手に活用することで、経年劣化による外壁塗装にも火災保険が使えます。
どういうカラクリなのかというと、火災保険で認められた屋根や外壁の補修を行うと同時に、外壁塗装を行うことで足場設置費用が節約できるという訳です。
戸建てですと、足場設置費用だけで20万円はかかるので、20万円の節約になります。

火災保険を申請する際の注意点

火災保険を含め、あらゆる保険金は、事故発生からから3年以内であれば後からの請求も可能です。
ただし、年数が経過するほどに保険鑑定会社が被害状況を調べにくくなるため、本来であれば適応できたはずの保険金が適用されない・減額されてしまうといった例も少なくありません。
保険適用・保険金の増額の可能性を上げるためにも、災害による被害を受けてから速やかに申請をする必要があることをぜひ覚えておいて頂きたいです。

まとめ

自然災害による外壁損害に対する外壁塗装や修理であれば、火災保険の適応になることを確認してきました。
残念ながら、経年劣化による外壁塗装は火災保険の対象外です。
しかし自然災害で被害を受けた屋根や外壁の補修と当時に、経年劣化による外壁塗装を行えば、足場などの費用削減に繋げることができます。
火災保険申請に関することであれば、お1人で悩まずに、まずは火災保険申請代行の業者に相談してみるのも手です。
当サイトでは、随時、おすすめの火災保険申請の代行会社を掲載していますので、ぜひお役立てくださいませ