火災保険申請サポートランキング

無料相談はこちら

外壁塗装に火災保険が使える・本人負担が軽くなる例をご紹介します

外壁塗装に火災保険が使える・本人負担が軽くなる例をご紹介します
よく広告などで「外壁塗装に火災保険を適応できる」「補助金を使って0円で外壁塗装が出来ます」など見かけませんか?
火災保険申請代行ランキングにも、「本当ですか?」といったご質問が多く寄せられております。
今回の記事では、外壁塗装に本当に火災保険が適応されるのか、「火災保険で負担が軽くなる」の真相についてご紹介していきたいと思います。

外壁塗装工事に火災保険が使える条件

外壁塗装工事に火災保険が使える条件

結論から言うと、火災保険を使って、外壁の修理・塗装などの補修工事を行うことは可能です。
ただし保険金の給付を受けるには、条件を満たす必要がるので、次に詳しくご紹介しますね。

自然災害による補修・修理のみ

火災保険の適応は、落雷や風災、水災などの自然災害で損害を被った場合のみです。
経年劣化や手抜き工事により生じた外壁の劣化・破損には、火災保険は下りません。

地震による火災、破損は対象外

地震で外壁にヒビが入った、などは火災保険の補償対象外になります。
別途、地震保険に加入する必要がありますので、地震に備えたい方は気を付けましょう。

加入中の保険の種類によっては、一定の災害をカバーしていないことも

戸建ての住宅に適応される火災保険の種類は、「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」の3種に分けられます。
それぞれのタイプにより、適応可能な災害が違いますから、ご加入中の火災保険の種類と保証範囲について確認しておくと安心です。

火災 落雷 破裂・爆発 風災 水害 水濡れ 暴行・破壊 飛来・落下・衝突 盗難
住宅火災保険
住宅総合保険

オールリスクタイプは、住宅総合保険よりも補償の対象を広くしたり、補償額に制限がなく「実損額」で保証されたりするタイプの保険です。
敷地内にある外灯などの野外設備も補償の範囲にできるなど、加入者のニーズに沿った契約内容を選択できるのが特徴となっています。

火災保険で外壁塗装の本人負担が軽くなる理由

上記でご紹介してきたように、火災保険を使って外壁修理や塗装を行うことは、条件を満たした場合にのみ可能です。
ということは、条件を満たさない限り、簡単には認可が下りないケースの方が圧倒的に多いのです。
では、よく広告などで見かける「火災保険で外壁塗装工事が無料でできる」の真意とは!?
これは、広く火災保険を解釈したお話なので、気を付ける必要があります。
たとえば、自然災害を理由とする強風で屋根瓦がズレてしまった、棟板金が吹き飛ばされてしまったなど、外壁意外で修繕費用が火災保険で下りた場合。
その際に、足場の架設が必要となりますよね。
その足場を屋根工事だけでなく外壁塗装にも流用することで、外壁塗装にかかる本人負担が戸建であれば20万円ほど軽減します。
外壁塗装の際の足場費用が保険の範囲で支払われたと考えた場合に、本人負担が軽くなるというカラクリなので、甘い勧誘に惑わされないよう、お気をつけください。

3年以内ならチャンス!タダに惑わされないで…保険金詐欺業者にご注意ください

保険金詐欺業者にご注意ください

国民生活センターでは、「火災保険が使える」と誘う住宅修理契約トラブルへの注意喚起をしています。
「火災保険が使える」と誘う住宅修理契約トラブルに注意!

火災保険申請は、被害を受けてから3年以内であれば申請可能です。
そのため、この情報を逆手にとって「被害に遭われたのいつですか?今年が最後のチャンスです」と、契約を迫る業者もいると聞きます。
トラブルの例として、「保険金申請サポートなどを手伝う」と言い、火災保険申請代行契約や住宅修理工事契約を結ばせたあと、高額請求をするといったもの。
「黙っていれば良いから」と、いつの風災雪災かわからないのを台風として申請、保険金は下りたものの、詐欺罪に問われてしまったケースなど、多くの被害の声が寄せられています。
こういった被害に遭わないためにも、きちんと信頼のおける火災保険申請代行の業者であるのかを必ずご確認ください。

次のような代行者にはご注意ください。
・申請できるまであと●ヵ月しかありません。など契約を急がせる
・「自然災害で壊れたことに」と、偽りの報告で申請しようとする
・事業者が壊れていない瓦を外すなどの細工をして、損害を偽る行為をする
・災害で損害を受けた確かな日時と確証が得られない状況にも関わらず「火災保険が下りる」と過剰に宣伝する
・申込時に手数料に関する説明がない
・リフォーム業者がおこなう火災保険申請(不用品強要型の独占禁止法違反となる可能性がある)

当サイトでは、もちろん、上記のような上記のような違法行為にあたる申請や契約を行っている業者を一切掲載していません。
信頼できる火災保険申請の代行会社をお探しであれば、ぜひお役立て下さいませ。